「乾燥肌の徹底対策」加齢と寝不足にご注意!

秋から春にかけて、気になるのは

「乾燥肌」

という女性は多いでしょう。

私も乾燥肌に悩まされている女性の
うちの一人でもあります。

皮膚がカサカサになって、
白く粉がふいたようになってしまったり、
ひどい場合には
かゆくなってしまったり、
あかぎれを引き起こしたりと、
乾燥肌の悩みは尽きません。

また、しわの原因にもなってしまいます。

この乾燥肌、何とか対策をしていきたいものですね。

まず、なぜ乾燥肌になってしまうのか?
その原因をさぐっていきましょう。

乾燥肌の主な原因は二つあります。

・加齢
・不規則な生活

です。

加齢は誰にでも平等に訪れますので
避けられませんが、
不規則な生活をしないように
心がけることは大切ですね。

次に、乾燥肌の状態とはどのようなものかを
探っていきましょう。

健康的なお肌といのは、角質層内に20%の
水分を保っている状態です。

この水分量が20%以下に低下してしまうと、
乾燥肌の状態になってしまいます。

角質層内の水分が20%に低下してしまいますと、
以下のようなことがお肌に起こってきます。

まず、お肌を守ろうとする機能が働き、
角質層が厚くなっていきます。
これを「角化」といいます。
お肌が乾燥していると、よりこの
「角化」が進んでしまい、
未熟な角質細胞が増えていってしまいます。
未熟な角質層がお肌を覆うので、
白い粉をふいたようになってしまったり、
カサカサな状態になってしまいます。

角質層は不安定な状態になり、
お肌のバリア機能も失なわれてしまいます。
そうなってしまうと、
外からの刺激を受けやすくなってしまいます。
これが「敏感肌」です。

「乾燥肌」が進んで「敏感肌」なってしますと、
さまざまなお肌のトラブルを招く「悪循環」と
なってしまいます。

ですので「乾燥肌」を放置して置くことは
かなり怖いことです。

「乾燥肌」対策には、とにかく「保湿」が大事となります。

保湿成分として効果が高いのは、
・セラミド
・ヒアルロン酸
です。

この成分の入った美容液やクリームなどを
普段のお手入れに取り入れていきましょう。

特に加齢が原因で保湿が失われている場合は、
スキンケアで取り入れていくことが
大切になってきます。

セラミドは、大変保湿力の高い成分です。
お肌の中では表皮の角質層にあります。
お肌の潤いを保ってくれています。

セラミドはターンオーバーで作られます。
ですのでターンオーバーを上げることも大切。

寝不足になってしまうと、
ターンオーバーが遅れてしまいますので、
セラミドは減少してしまうのです。