「手荒れ」ケアと予防する方法

この季節になると、女性を悩ませるのが、
なんといっても「手荒れ」です。

 

悩んでいる女性はじかなり多いのではないでしょうか?

 

もちろん、私もひどい手荒れに悩まされている女性の
うちの一人です。

 

私は主婦なので、家事をするには、
どうしても手を酷使してしまいます。

 

炊事、洗濯、掃除などなど・・・
これを毎日繰り返すことで、手はガサガサ。

 

スーパーのレジで買い物をして、
支払いをするときに、
自分の手荒れのひどさに恥ずかしくなってしまいます。

 

この手荒れ、どうにかならないものなのでしょうか。

 

手荒れはいったん始まってしまうと、
皮膚のバリアが壊れてしまい、
さらに刺激に弱くなっていくのだそうです。
そうなってしまうと、水や物に触れただけでも
刺激を受けやすくなってしまい、
どんどんと荒れていってしまうのです。

 

また手は、一日中使っています。
常に何かに触っている状態がほとんどです。
就寝前に塗り薬やクリームを塗ったとしても
寝ている間の5~6時間だけでしょう。
起きている間は、常に刺激にさらされることに
なってしまうため、治りにくいのです。

 

手荒れを本気で治したいのならば、
少なくとも3か月は手荒れのケアに集中したいものです。
本人の努力も必要となってきます。

 

それでも治らない、ひび割れができる、
かゆみがあるなどの強い症状がでた場合は、
皮膚科を受診しましょう。

 

では、手荒れのケアと予防の方法を
ご紹介していきましょう。

 

1、家事をするときは手袋をしましょう

ホコリ、土、植物などに触るときは、
必ず手袋をして刺激を防ぎましょう。
100円ショップに、薄い布の手袋が
販売されていますので、
そちらを購入するとよいと思います。

 

2、ハンドクリームをまめに塗る

とにかくハンドクリームをこまめにぬりましょう。
私が使っているのは「ユースキンA」。
かなり多くの方が愛用されているのではないかと思います。

 

このほかに、効果が高く人気の
ハンドクリームとしましては「ロコベース リペア クリーム」がおすすめです。

「ロコベース リペア クリーム」は、水仕事で
手荒れをしてしまった方に大好評のハンドクリームです。
美容師さんにもおすすめ。
保湿力が高いと評判です。

 

3、できる限り手を水にぬらさない

清潔好きで、何かといえば石鹸で手を洗っている、
という人は要注意です。
なるべく洗う回数を減らす工夫をしましょう。

私の友人で手荒れに悩まされ続けている人も、
皮膚科を受診した際に、
「なるべく手を洗わないでください」と
言われたのだそうです。

 

4、手が濡れたらまんべんなくすぐに拭く

手をぬらしたまま、長時間おくと手荒れの原因になります。
手が濡れたら清潔なタオルかハンカチで、
しっかりと水分を拭き取りましょう。

 

5、ハンドソープではなく石鹸を使う

ハンドソープ(特に除菌のもの)は、
刺激が強いものが多いです。
固形石鹸のほうが刺激が弱いのでおすすめです。

 

「手荒れ改善のサプリメントがあったらいいな~」
思ったりもしますが、ズバリ手荒れ用のサプリってないんですよね。

 

ですが、やはりお肌に良いといわれるサプリメントを飲んでいると、
顔だけではなくて、全身のお肌に張りが出たり、入浴の際に水をはじいたり
ということは経験しています。

 

顔にもいいのですから、全身のお肌にだってもちろんいいですよね!
もちろん、手あれにもよいのでは?と感じています。

 

お肌に良いとされるサプリメントはいろいろあります。
コラーゲン、セラミド、プラセンタなどが代表的なものです。

 

私がおススメしているのは、フラコラのプラセンタ粒5000です。
プラセンタなのに、比較的低価格なんで続けやすいです。

 

もし、手荒れ用のサプリをお探しでしたら、
プラセンタもおススメです。
980円でお試しできます。