「日焼け止めの上手な選び方」紫外線対策は一年中必要です!

アンチエイジングの基本中の基本の中の
ひとつに、

「紫外線対策」
「UVケア」

があります。

紫外線はお肌の最大の敵です!

紫外線を気にせず、何も対策をしておかないと、
シミ、シワの原因になります。
お肌の老化を促すことはもちろん、
ひどい場合には皮膚がんの原因にも
なってしまう怖い一面もあります。

UVケアは徹底的に行っていきましょう!

また、紫外線についての正しい知識を
持つこともアンチエイジングのためにも大切です。

紫外線というと、ギラギラの太陽を思い浮かべる
方が多いと思います。
夏になると、誰でもUVケアを積極的にしていますね。

ですが、実は紫外線は晴れている日、夏だけでは
ありません。

曇っていても、冬でも一年中あなたのお肌に
降り注いでいるのです。

ということは・・・

UVケアは一年中必要!
ということになります。

日差しが強いと紫外線も強い、
と感じますが、実は紫外線は
まぶしくもなく、暑くもないのです。

紫外線を浴びていても、
実感がないという場合も多いので、
うっかり日焼けしてしまった・・・!
ということが起こってしまうのです。

気づかないままお肌に紫外線が
どんどんと蓄積されていき、
一定のレベルまで達すると
シミやしわなどお肌の老化となって
あらわれてしまうのです。

紫外線には3種類があります。
A派、B派、C派があります。

この中で、もっとも一般的に知られているのは、
紫外線B派です。

夏のジリジリとした日差しの強い
エネルギーをもっています。
紫外線というと、このB派のイメージが
大きいですね。

紫外線B派を浴び続けますと、
お肌がヒリヒリしてしまいます。

ですが、このB派はお肌の中までには
浸透することはありません。

C派は地上にはほとんど届かないと
いわれています。

怖いのはA派なんです。

A派はエネルギーは弱いのですが、
波長は長いので、冬や曇りの日でも、
私たちのお肌に降り注ぎます。
その波長はガラスさえも通過してしまうほど
というので、かなりの威力です。
さらに、A派は私たちのお肌の
奥まで侵入してきます。

このA派が、シミやしわの
原因を引き起こしているのです。

ですので、積極的に防ぐべき紫外線は
A派ということになります。

ではどのようにA派を防いでいけまよいのでしょうか?

それは日焼け止めの表示を
確認して選んで使うことで可能になります。

日焼け止めの表示に
「SPF」
「PA」
の2種類があることは、ご存じかと思います。

「SPF」は紫外線B派を、
「PA」は紫外線A派を防ぐ効果があることを
意味しています。

日差しの強い海や山などのレジャーでは
「SPA」の数値の高いものを
選ぶとよいでしょう。

普段毎日の生活で使う場合は、
「SPA」値は低くても、
「PA」の+が多いものを
選ぶとよいでしょう。