「ボディローション・クリームの選び方」尿素配合がおすすめ

乾燥する季節、顔の乾燥だけでなく、
体全体の乾燥も気になりますね。

私も夏以外の季節は、
乾燥で足や腕がかゆくなってしまったり、
白く粉がふいたようになってしまいます。

私だけではありません!
お肌がプルプルのはずの子供たちまで、
秋から冬にかけては、体をかゆがります。
子供たちは思いっきりかきむしってしまうので、
余計にかゆみがましてしまうのです。

体の乾燥には、どんな対策をすればいいのでしょう?

体も入浴で洗った後は保湿が必要なのだそうです。
ですが、入浴後にボディローションやクリームを
ぬっている人って、なかなかいらっしゃらないようです。

私もドラッグストアでいろいろと購入してくるものの、
結局使わずじまい・・・なんてものが多いのですが、
面倒がらずにしっかり体も保湿をしないといけないのですね。

ドラッグストアに行くと、様々な種類のものが
販売されていますよね。
入浴後にはどのようなボディローション・クリームを
選べばいいのでしょう?

体の保湿にぴったりな成分があるそうなんです。
それはズバリ「尿素」。
尿素は角質柔軟作用があるので、
お肌をやわらかくして、スベスベにしてくれます。
しかも尿素は安いのが嬉しい!

家族で尿素の配合されたボディローション・クリームを
用意しておき、みんなで使うといいですね。
季節によって使い分けるとさらに良いそうです。
夏はサラサラなローションタイプを、
寒い季節はしっとりクリームタイプがおすすめ。

体全体にぬるのは時間もかかりますし、
量も必要となって、かなり大変です。
必ずしも全身に塗らなくてもOKです。

乾燥しやすい部分は
・足のすね
・背中
・腰回り
があります。
特に足のすねは、乾燥しやすいので、
毎日ぬるのが効果的です。

心配なのは、尿素がしみるという人。
尿素は人間のお肌の中に含まれる天然の
保湿因子なのですが、お肌に傷があったりすると、
しみることもあります。

その場合はヒアルロン酸やコラーゲン入りの
ものを使うとよいでしょう。
これらの成分は、敏感肌でも大丈夫です。