「体がかゆい」におすすめ入浴剤!乾燥する季節にピッタリ♪

一日一日と、
少しずつ秋を感じられるように
なってきましたね。
そろそろ一年の中でも最も乾燥する
季節がやってきます。

 

お肌が乾燥すると、出てくる悩みはいろいろありますが、
中でも嫌なのが「体のかゆみ」。

私も超乾燥肌で、長年「体のかゆみ」には
悩まされています。

特にかゆみが気になるのは、入浴中や入浴後。

最近では私だけではなく、子供たちまでもが
お風呂で「かゆい、かゆい~!」と
大騒ぎです。

 

そこで今回は、「乾燥」や「アトピー」で悩んでいる人の
ために作られた入浴剤をお試ししてみました。

 

『みんなの肌潤風呂』という入浴剤です。
体がかゆい入浴剤
もうアトピー肌で悩むのは終わりです
保湿に特化し潤いを逃さない『みんなの肌潤風呂』を
お試しください⇒

 

 

どんな入浴剤なのか?
早速、開けてみましょう。

みんなの肌潤糖風呂

白い入浴剤です。
ふわ~っと、グレープフルーツのような
柑橘系のさわやかな香りがします。

パッケージの中に計量スプーンが入っていました。
それぞれのご家庭のバスタブの大きさに合わせて
量をはかって使います。

 

ユニットバスでしたら20g。
一般家庭の浴槽には30g。
上の写真は20gを計量スプーンではかってみたところ。
意外と少なくていいんですね。

 

実際どんな感じのお風呂いなるのか?
ちょっとだけお湯に溶かしてみました。
乳白色のお湯になります。
実際の浴槽に入れると、もっと色は薄くなります。
お湯は少しとろみが付いた感じがします。
みんなの肌潤風呂

「みんなの肌潤風呂」が届いた夜から、
早速子供とこの入浴剤を使って入浴しています。

 

子供のほうが敏感なのですね!
「ママぁ~お肌がつるつるする~」
とすぐに気が付いてくれました。

実際に入っているときから、お肌がツルツルになります。
また、お湯にとろみがつくので、入っていてとっても気持ちがいいです。

今まで湯船から上がると、
お肌が乾燥してヒリヒリするような刺激がありましたが、
その刺激がなくなりました。

お風呂から出て、バスタオルで水分を拭きとっても、
体の乾燥はありません。
反対に体全体がしっとりうるおいます。

 

ここまでしっとりうるおえば、
入浴後に全身用の保湿ローションや乳液をぬる必要は
ないですね。
入浴後の子供たちの
「かゆい、かゆい~」
も聞かなくなりました。

 

 

ではなぜ、「みんなの肌潤風呂」は、お肌の乾燥を防いで、
全身がうるおうのでしょう?

 

入浴剤に入っている成分や特徴をみていきましょう。

1、天然の温泉成分である、
別府みょうばん温泉の「湯の花」を
手作りしています。
別府みょうばん温泉の「湯の花」には、ミネラルがたっぷり。
皮膚の汚れを落としつつ、
お肌に栄養成分をたっぷりと与えてくれます。

2、微発泡の入浴剤を自然素材で作ることに成功。
微発砲がお湯を柔らかくするので、
乾燥したお肌をやさしく包み込んでくれます。
化学成分は使っていません。

3、ビート由来の砂糖成分がお肌の角質層にまで、
水分をぐんぐん引き寄せてくれます。

4、潤い保湿ヴェール成分を配合。
浸透した水分は逃がしません。

5、お肌のピリピリ刺激の原因、
水道水に含まれている「塩素」を除去してくれます。

 

メーカーさんの発売前のテストでは、
86%の方が「乾燥肌」「アトピー」が改善された
という結果も出ているそうです。

 

ちょっとお高め?な入浴剤なのですが、
入浴後に保湿ローションや乳液を
買わずに済みますし、ぬる手間も省けます。

 

何よりも冬の乾燥を防いで、
あのいや~なかゆみをおさえてくれます。

 

かゆがりのお子さんにもぜひ、使ってあげてください。
乾燥する秋冬の季節だけ使ってもいいですね。

※1袋だけの単品購入もできます。

 

今回お試しした「みんなの肌潤風呂」の公式サイトはこちらから>>
みんなの肌潤風呂