「大人ニキビの原因は?」予防するにはどうすればいい?

私は乾燥肌で、オイリー肌ではないのですが、
それでも時々、鼻の周りに大きなニキビがぽつんと
ある日突然できることがあります。

ニキビができる原因はなんでしょう?
ニキビは毛の根元にある脂腺がつまり、
そこにアクネ菌が影響をして炎症がおこることで
できてしまいます。

ニキビは皮脂の分泌が増えてしまったり、
皮脂の出口の毛穴がふさがってしまうことで、
できやすくなります。

皮脂の分泌が増えるのは、ホルモンが関係しています。
皮脂の分泌を盛んにする男性ホルモンや、
女性ホルモンの黄体ホルモンは、皮脂を増やして
角質層を厚くする働きがあります。

生理前にニキビができることが多いのは、
このホルモンが原因となっています。

ニキビというと、10代の思春期の頃にできやすいものです。
思春期のニキビは、この時期に皮脂の分泌が多くなり、
ホルモンバランスが不安定になることから、
さらに皮脂の分泌が増えてしまうことにあります。
ニキビの炎症を招く、アクネ菌が増加しやすい環境
を作りやすくなってしまうのです。
この思春期のニキビは成長とともに自然となくなってきます。

では、20代以降の大人ニキビの原因はなんでしょう?
実は大人ニキビは思春期のニキビと違い、
私のような乾燥肌の人でもできることが特徴です。
しかも乾燥する部分に多くできることが多いのです。

大人ニキビの原因として、
考えられるのは以下のようなことがあります。

・洗顔をしすぎて、お肌に必要な皮脂まで洗い流してしまっている
お肌の皮脂は、紫外線や乾燥などからお肌を守るバリア機能を
もっていますが、皮脂をすべて取り除こうと、
過剰に洗いすぎてしまうことでトラブルを招いてしまいます。

大人のニキビは、思春期のニキビとは違い、
過剰な洗顔は厳禁です。
乾燥がさらにニキビを悪化させる原因となってしまいます。
過剰な洗顔はさけ、保湿を心がけましょう。

・免疫力の低下
免疫力が低下してしまうと、ニキビの原因となる
アクネ菌が増殖してしまいます。

・ホルモンバランスの乱れ
ホルモンバランスの乱れは、
ストレス
睡眠不足
運動不足
食生活の乱れ
生活のリズムの乱れ
から起こります。
わずかなホルモンバランスの乱れでも、
ニキビができやすい環境になってしまいます。

大人ニキビは一度できてしまうと、
完治するのに数週間かかってしまいます。

普段からできないように、予防を心がけることが
一番ですね。

 

大人ニキビのケアに悩んだら・・・
「ビーグレン」のニキビケア