「生理周期とお肌の関係」効果的にお肌をケアするには?

お肌のケアの方法や効果のあるコスメの
ご紹介をしていますが、

女性がお肌の特別なケアをしようとしたとき、
最適な時期とそうでない時期があるのはご存じでしょうか?

毎日同じ基本的なお肌のケアをしていたとしても、
「今日はお肌の調子がいい」
「今日はお化粧ののりがいい」
と感じるときと、
「なんだかお肌がカサカサする」
「お化粧が全然のらない」
と感じるときがあると思います。

私も今はそうでもないのですが、
20代のころはハッキリとお肌の状態の
良い日、悪い違いを感じることができました。

もし、お肌にスペシャルなケア、
例えばエステやパック、ピーリングなどをするのならば、
お肌の調子のよい日が最適です。
そういう日を狙ってスペシャルケアをすれば、
得られる効果も大きいでしょう。

さて、このお肌の調子の良い日、悪い日なのですが、
どうして同じケアをしているのに、
こんなにハッキリとお肌の状態に差が
出てしまうのでしょうか?

実は女性のお肌の状態には
生理周期が関係しています。

生理が終わった後は、お肌の調子がとっても良いのに対して、
生理の前は、お肌の調子が悪くなります。

それは女性ホルモンの分泌によるものです。

女性はお肌や健康、精神状態に至るまで、
女性ホルモンの分泌が深く関係しているのです。

生理前になると、イライラして怒りっぽくなったり、
涙もろくなってしまったりということはありませんか?

それも女性ホルモンの影響によるものです。

ですので、女性は自分自身の生理周期を
きちんと把握することがとっても重要なのです。

生理の周期がわかれば
「そろそろ生理が来るから、イライラに注意しよう」
とか、
「生理が終わったから、お肌の攻めのケアをしよう」
とか
お肌だけではなく、精神的にも
上手に対応することができるからです。

 

さて、生理周期とお肌の関係について話を戻しましょう。

【生理後】
お肌のスペシャルな攻めのケアをするのは、
生理後がベストです。
新しいコスメを試すにも適しています。

 

【生理前】
反対に生理前はお肌の状態が不安定です。
ほてりやむくみ、ニキビやシミなどの
お肌のトラブルもこの時期に多く発生します。
生理前は、特別なケアはやめて、
保湿中心の基本的なケアだけにします。
シミができやすい時期でもありますので、
UVケアは念入りに行いましょう。

 

【生理中】
生理中は、意外にお肌の状態は安定しています。
ただし、体調がすぐれない方も多いかと思いますので、
無理は禁物です。
生理後のスペシャルなケアに備えておきましょう。