睡眠不足とお肌の関係

「なんとなくお肌の調子が悪い」

「お肌が荒れてるみたい・・・」

と感じたら、お肌のために何をするのが
ベストなのでしょう。

パックをするという人もいらっしゃるでしょうし、
思い切ってエステに行く!
という人もいらっしゃるでしょう。

もちろん、効果はあると思いますが、
お肌のためにまず最初に見直しておきたい
ことがあります。

「睡眠」です。

お肌のためを考えれば、
一日最低6時間の睡眠は確保して
おきたいのだそうです。

睡眠がお肌に良い、ということは、
なんとなくわかる気がします。

ではなぜ、睡眠が大切なのでしょうか?

実は寝ている間にお肌は再生をしているのです。

反対に起きていて活動している間は、
主に脳に血液が流れていきます。
ですので、お肌には血液の流れは少なく、
十分な栄養がいきわたりません。

お肌に栄養素が届くのは、
睡眠中だけ、ということになります。

また、睡眠の質にもお肌に影響があります。

眠りについて最初の3時間は、
成長ホルモンがたくさん分泌されます。
この間にお肌の細胞分裂は活発になります。
この3時間が大切です。
合計の睡眠時間は最低でも6時間は必要です。
睡眠不足はお肌の状態にすぐに影響が
出てしまいますので、
忙しくても睡眠時間の確保は
しておきたいものです。

また、休日に普段の睡眠不足を補おうとして、
寝だめをする人がいます。
長時間寝ればお肌にいいと思われがちですが、
お肌は毎日再生を繰り返します。
ですので、長時間まとめて眠っても、
あまり意味はないようです。

ただ眠ればいいのではなく、
睡眠の質を高めることも大切です。

睡眠の質を高めるためには・・・?

・眠る前に入浴をして体を温める

・夜8時以降は、カフェイン入りの
飲み物はさける

・眠る前にパソコンやテレビは見ないようにする

・眠る前の激しい運動をさける

・眠る部屋は暗くする

・寝だめはやめて、規則正しい生活

などがあります。

眠る前のテレビ、パソコンは、
脳を刺激してしまいます。
脳の交感神経が活発になってしまい、
寝つきが悪くなってしまうので、
気を付けましょう。

夜は

質の良い睡眠は、どんなに優れている高価な化粧品よりも、
美肌の効果が高いのだそうです。

現代社会が夜更かし型になってしまっている今、
もっとも身近で簡単にできる美容法が
できていないのは、現代に生きる私たちにとって、
不幸なことなのかもしれません。

夜は静かな音楽を聴いたり、
ハーブティーを飲んだり、
部屋は薄暗くして、リラックスして
過ごすことが、美肌を作るコツです。